進路指導

日野台の進路指導

 高い次元の文武両道を目指して、難関大学に合格できる学力を身につけるだけでなく、部活動や学校行事にも全力で取り組み、生涯学び続けるスキルを身をつけていきます。
 日野台の学びで、新しく始まった大学入試共通テストや、多くの大学で必要になる英語4技能検定、そして自らの学習履歴を活用した新しい入試などを突破していけます。新しい入試とは、「学力の三要素((1)知識・技能、(2)思考力・判断力・表現力、(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)」を多面的・総合的に評価する入試です。また、難関国公立大学を中心に教科横断的な思考力を試す問題が増加していくことになります。日野台の教養主義のカリキュラム(2年までは文理選択がない)はそんな教科横断的な入試にも対応したものになっています。


1.挑戦から逃げない 進路指導
 
 大学全入時代、志望を下げていけばどこかの大学には入れます。安易な進路選択をしないように、第1志望を諦めない強い意志を育て高い目標に向かって努力するように働きかけます。困難に立ち向かいながら学び続ける経験は万が一合格出来なくても、生徒たちの財産になり、生涯強く生きていけるのだと考えています。進路指導部では、「挑戦者たちへ」という進路新聞(1例をご覧ください)を発行し、目標を見つけるためや挑戦していくための情報提供を継続しています。

「挑戦者たちへ」の1例(日野台進路だより2020年度(5)・(7))」は、ここをクリック

2.自ら学び考える 学習指導・進路指導
 
 グローバル化の進展やAIをはじめとする技術革新に伴い、予見困難な時代が到来しようしています。その中で、新たな価値を創造していく力を世の中は求めています。そのためには、主体的に学んでいける力を身につけさせることが重要だととらえています。そこで、本校では、「主体的、対話的で、かつ深い学び」を意識した教育活動が展開されています。また、校内に自習室が2か所あり、毎日19:00まで利用できます。生徒たちが自ら学べる場所も確保されています。


3.入学から始まる計画的な進路指導
 
 
入学後から3年3月の国公立大学後期試験まで、進路指導は続いていきます。以下は、各学年で行われている主な生徒用の進路指導(含む「総合的な探究の時間」)です。

〒191-0061 東京都日野市大坂上4-16-1
電話 : 042-582-2511 ファクシミリ : 042-581-5035